blue_glassbarblue_glassbar

blue_glassbarblue_glassbar


english_flag  English Page

イニシュモア・ライフ アラン島 ボランティア滞在 

一般的なB&Bや宿泊施設ではありません。
inishmor

“シャレー” は、自給自足のケルトのスピリチュアル・ライフ&オーガニック栽培に関心のある人達に公開しており、見学者や(宿泊)ゲストを歓迎します。
お気軽にお問い合わせ下さい!  お問い合わせ

見学 & 宿泊

見学

  • “シャレー” 見学希望者は事前に連絡して訪問時間を決めておくのがベストです。
    担当のものが対応します。

短期宿泊 

  • シャレーに(1泊から)短期宿泊ゲストとして滞在希望の場合、前もって予約が必要です。シャレーについての関心や、どんなことをしたい又は学びたいかを基準にゲストを受け入れています。 
  • 一般的なB&Bや宿泊施設ではないので、事前にシャレーに滞在したい理由を聞かせてください。
  • ホステル等の宿泊希望については、巡礼用のロッジを紹介する事が可能です。

長期宿泊 

  • シャレーでは、長期の宿泊ゲストを受け入れています。
    これまで、次のような希望のゲストを受け入れてきました。
  • *コースを学ぶ、*個人的な執筆、 *リトリート 、*サバティカル(長期研究休暇)等を希望する、又は、*特に目的はなくライフスタイルをゆっくり経験したい、*他のボランティアができないので、ここでのボランティア活動に参加する等の理由。

お気軽にお問い合わせ下さい!  お問い合わせ

シャレーでのライフスタイル

  • シャレーは、テス・ハーパーとダラ・モリーの所有で、運営されています。
    1985年、最初にダラ・モリーが、続いてテス・ハーパーがイニシュモアへ来て居住以来、20年以上に渡って発展させてきました。
  • この地所には、シャレーとアバロンの2つの所帯があります。
    シャレーには、EVSのボランティア4人、WWOOFerから数名、及びゲスト(6名まで)が住んでいます。 アバロンにはテスとダラとその家族が住んでいます。

ケルトの司祭、ダラ・モリー



dara




wedding

  • ダラ・モリーは、ケルトの僧侶であり司祭です。 
    アイルランド、アラン諸島のイニシュモア島に、妻のテス・ハーパーと4人の子供達(テュアン、マカ、サーナ、アヌ)と住んでいます。
  • ダラは1985年、アイルランドの修道院総長聖エンダの足跡に倣い、隠遁者としてイニシュ・モアへやってきました。ケルトの修道院生活様式で触発された、精神性に基づくプロジェクトをイニシュモアで立ち上げました。
    それは、伝統を現代に適応したもので、もてなしの心、有機栽培、エコロジー、教育、出版、ケルトの儀式の発展を表します。
  • ダラは、如何なる教会組織団体にも属さず、自分の修道院団体も組織せず、人々が自分自身のスピリチュアルな道を辿るよう、そして、インスピレーションを得る為にケルトの伝統を活用するよう活動しています。

ダラの提供するサービス:

  • ケルトの結婚式、清めの儀式他
  • 巡礼のガイド
  • イニッシュモアのツアー
    詳しくは、  もっと詳しく

シャレーでのボランティア滞在

  • EVS(欧州ボランティア・サービス) &  WWOF(世界有機農場労働者)の団体からボランティアを受け入れています。     
    • EU圏外の国については、提携しているコーディネーターを通しての手続となります。
  • シャレーでのボランティア滞在には、宿泊と食事が提供されますが、お小遣いや賃金等は支払われません。

お気軽にお問い合わせ下さい!  お問い合わせ

ボランティアの仕事は以下のように分類されます:


volunteer_work


hens

1. 自給自足 (家事労働):

  • 家とその周辺での仕事です。
    • 家内での仕事は、パン、ジャム、ワイン等の製造を担当します。
      更に、おもてなしや、ゴミの処理、同居している人達と楽しい雰囲気を作る役目があります。
  • 屋外では、家庭菜園やハーブガーデン、温室(ビニールハウス)での作業、鶏、アヒルやカモの世話などです。
  • この仕事は、親切に応対し、実務をこなすまとめ役でなければなりません。


greenhouse


vege_flower

2. 自給自足 (有機栽培):

  • 主要な責任は、シャレーと関連する庭園での仕事です。
    • これらの庭園は、島のあちこちにあり、それぞれの庭園へは主に自転車で移動します。
    • この仕事では、栽培の計画を立て、注文し、トレイでの播種、温床や散水、海草の採取、苗床の準備、植え付け、除草、土壌改良、温室(ビニールハウス)での作業、収穫と保管を含んでいます。
  • 仕事をこなせる体力と適応性があって、本当にこの仕事への関心がなければなりません


thatching


thatching2

3. 自給自足 (建築と維持管理):

  • アシュリング・アランは数箇所の不動産地所を所有しており、建築と維持管理の仕事が進行中です。
  • 次のような仕事を学ぶチャンスがあります:
    • 空積みのストーンウォール、草葺屋根、石と木材での建築、漆喰塗り、配線、配管、屋根の修理、ドアの取り付けその他必要とされている仕事。
    • また、車や機械のメンテナンスの仕事もあります。
  • 実績のある人で、現実問題解決に興味があり、様々な道具を使いこなせる必要があります。


aishling_magazine.jpg




books_dara

4.出版 :

  • オンライン・マガジン、ウェブサイト、ガイドブックの編集・発行
  • アシュリング・アランのオフィスは、シャレーにあり、そこで、定期的なインターネット・マガジン(アシュリング)を出版しています。
  • イニシュモアに関連する多くのウェブサイトを有し、数ヶ国語版のガイドブック を出版しています。 
    • これらの領域で働く機会があります。また経理や事務補佐の仕事もあります。
  • ここでの仕事には、コンピュータのスキルと、英語力 が必須で、この種の仕事への興味があること、そして、アシュリング・アランの目指す方針と目標に関心をもって働く事が必要です。


lodge

5. 自給自足 - (巡礼者用ロッジ):

  • 多様な仕事で、他のボランティアの仕事の一部もしくは全体を含みます。 
  • ここでの仕事は、ガーデニング、建築、維持管理、オフィス業務とおもてなしとなります。



お気軽にお問い合わせ下さい!  お問い合わせ